過払い金請求のやりかた講座|手順などを紹介

紙幣と人形

手順と流れ

初めて過払い金請求をするという人の方が圧倒的に多いでしょう。そのため、過払い金請求のやり方がわからず不安に感じている人もいます。そこで、過払い金に関する流れを紹介していきます。

レディ

訴訟になったら

過払い金を請求する時に、請求する相手側つまり金融業者と裁判所を通じて話合いをする場合もあります。その際、なるべく話し合いで済ませるように和解を求められることが多いようです。

お金を持つ人

グレーゾーン金利

グレーゾーン金利の中身を知ることで、過払い金が発生する謎が解けます。それには金融業者の思惑と法律がとても深く関係しているのです。特に長い期間返済をしている人は過払い金が発生している可能性があります。

ジャッジガベル

減額される額を確認

個人再生は住宅ローンを残しつつ、他の借金を整理出来る債務整理です。借金の金額によって、どのくらい減額されるかが変わります。費用は個人で申し立てを行った場合は約27万円程度、司法書士は約37万円から47万円、弁護士だと約47万円から67万円が相場です。

スーツの人

選ぶ上では相性が大事

横浜のような大都市には多くの税理士がいます。その中から選ぶ基準は、経営者と相性が合うかどうかが重要です。税理士は経営にアドバイスを行う立場ですので、相性が合わないとスムーズに業務が進みません。また業界に対しての理解が深い税理士を選ぶ事も重要です。

紙幣と人形

借金が大きくなった場合

過払い金請求にあたり、同じ静岡県内でも弁護士や司法書士の費用はそれぞれ異なります。まずは1社あたり2万程度の着手金がかかります。また成功報酬として10%〜20%がかかります。最近は着手金がゼロで行うケースも増えています。依頼をする際にはいつどの業者でいくら借りたか確認しておく事も大切です。

天秤を持つ女性の石像

税金申告にあたって

税理士は税の専門家とし個人の確定申告から法人の税務業務まで幅広く扱っています。法人の顧問税理士として仕分けから内部留保を厚くする方法までを税務面からアドバイスします。近年は付加価値の1つとして生命保険を扱う代理店も増えており、千葉県でをはじめとする大都市圏では税理士の競争が激しくなっています。

男の人

実効的な遺留分の返還を

遺留分減殺請求とは、遺留分たる法定相続人の相続財産に対する取り分について取り返す請求をすることをいいます。この請求が問題となる状況はすでに相続人等で遺産分割等の話し合いが破たんしている状況が多いので実効的に解決するため弁護士に依頼するのがよいでしょう。その際の費用は旧弁護士報酬規定が目安となります。

本と眼鏡

裁判基準で請求できます

後遺障害認定を保険会社からすすめられた方は弁護士に相談してから決めましょう。弁護士に相談すれば適切な治療費や賠償金額を裁判基準で判断してくれます。弁護士探しで迷ったときは横浜の弁護士会で相談しましょう。横浜の弁護士会に相談すれば交通事故に強い弁護士を紹介してくれます。

スーツの人

ポイントを重視して選ぼう

新宿には多くの弁護士がいますが、選ぶ基準は3つです。1つ目はそれぞれ専門業務があります。知識だけでなく経験や実績が重要です。これ以外には費用です。弁護士によって費用は大きく違いますので比較する事が大切です。最後にその弁護士が相談に親身になってくれるかが大切なポイントです。

お金を持つ人

専門家に依頼を検討なら

福岡で専門家に過払い金請求をする時は、契約書や必要書類を揃えなくても請求をすることは可能です。取引していた金融会社の情報を思い出して書きとめておきましょう。依頼者がより多く過払い金が戻ってくるようにと、良心的な料金設定になっている事務所を見つけるとよいです。

必要なもの

お金を持つ人

横浜にある弁護士事務所に相談しに行く時には、ある程度の資料を揃えていくといいでしょう。というのも、過払い金請求ができるかどうか、どれぐらいの額が戻ってくるかについては、状況による、としか言えないためです。(そもそも、過払いをしていない、という場合もありますね)そのため、必要な書類などをチェックしてもらう必要があります。書類の中で必要なものは、以下の様なものです。・契約書・取引明細書・振込明細書・その他、契約に関する書類つまり、契約の内容がきちんと分かるようなものが必要で、さらにいくらお金を支払っているのかの判定をする必要があるわけです。過払い金請求について専門的におこなっている弁護士なら、これらの書類で、実際にやり取りされたお金を調べれば、だいたい、どのように方針を立てるかが決まってくるようです。ただ、これさえあれば一方的に返還を請求出来るわけではありません。横浜でも金融業者が持っている取引履歴を開示させて、「本当に支払うべきだった額」と比較して計算します。(この開示などに時間がかかる場合が多かったりします)また、その額を返してもらうのは業者との交渉の結果であるため、和解交渉にもまた時間がかかってしまいます。合計で、返還してもらうまでに半年程度かかってしまうことが多いですね。