過払い金請求のやりかた講座|手順などを紹介

手順と流れ

紙幣と人形

過払い金が請求されるまでの流れを見ていきましょう。細かいところは、基本的に専門の弁護士や、司法書士に任せることができます。あなたにとって大事なのは、「過払い金があるなら取り戻したい」という意思を持つことである、と言えます。まずは、弁護士などに相談をして、解決に乗り出すこと。法律家と「この事件を解決する」という契約をかわすと、その弁護士が「依頼を受けました。この融資について、介入します」という旨を金融業者に告知します。この時点で、返済は一時的に停止されます。過払い金を解決した結果、返済が終わるかもしれないからです。これは法律家による介入があった時だけで、自分で請求しようとした場合は、返済を止めることはできません。その後、業者に対して取引履歴を開示させ、それをもとに、法定金利に基づいた「実際に支払うべきだったお金」の額を調べ、過払い金がいくらになるかを確かめます。状況によりますが、この開示をしてくれるまでに、何ヶ月か待たされる場合があります。業者としては、あまり公開したくありませんからね。その計算した額を元に請求書を作成し、業者との交渉を行います。もしも請求に応じない場合は、裁判所へ訴訟することになるでしょう。合意できた場合は、決まった日までにお金が支払われることになります。