過払い金請求のやりかた講座|手順などを紹介

借金が大きくなった場合

紙幣と人形

誰に依頼をするのか

金融業者から借入をしていた場合の金利は現在は法定利息で10万以上は18%、100万超が15%と決まっています。しかし昔はグレーゾーン金利が存在していました。このグレーゾーン金利は利息制限法と出資法でそれぞれ金利が違う為、業者が出資法の29.2%を上限に貸し出しを行っていた事を指します。現在はこのグレーゾーン金利は撤廃されました。さらにはグレーゾーン金利での貸し出しは認めないという判決が出ましたので、借入した人は高い利息を払いすぎていた事になります。これが過払い金です。借入していた人はこぞって過払い金請求を行うようになりました。静岡では過払い金を主に取り扱う弁護士や司法書士がいます。静岡にある金融業者でも多くの過払い金請求がありますが、静岡でも既に倒産してしまっている業者もあります。このような業者に過払い請求は行えません。弁護士や司法書士は過払い金請求にあたり、金融業者でどの程度の借入をしていたかをヒアリングし、業者に対して請求をする上で依頼者から着手金を取ります。およそ1社2万程度が相場ですが、近年は着手金がゼロの事務所も増えています。過払い金請求が成功した場合には、成功報酬として10%〜20%がかかってきます。この着手金や成功報酬は同じ静岡県内でも弁護士や司法書士によって違いますので、依頼時に確認をする必要があります。また過払い金は時効があり10年と言われています。現在も返済している会社もあれば、既に返済し終わっている会社もありますので、いつどの会社でいくらくらい、金利はどの程度で借りたかを調べ依頼時に伝えるとスムーズな手続きが可能となります。