過払い金請求のやりかた講座|手順などを紹介

減額される額を確認

ジャッジガベル

金額によって違いがある

個人再生は借金を整理できる、債務整理の1つです。個人再生はマイホームを持っている方に、メリットが多い債務整理と言われています。なぜかというと、住宅ローンはそのままに他の借金のみを整理出来るからです。例えば、自己破産の場合は全ての借金を帳消しに出来ますが、マイホームがあった場合はそれも差し押さえとなります。一方、個人再生の場合は住宅ローンの支払いはしつつ、他の借金は整理出来るので、マイホームを差し押さえられるという事はありません。マイホームを手放したくないという方にとって、個人再生はメリットが大きいと言えるでしょう。自己破産のように借金全てが無くなる訳ではありませんが、借金問題を大きく解決する事が出来ます。個人再生の場合は借金の額によって、どのくらい減額されるかが変わるので、チェックしておく事がおすすめです。借金が3000万円以上で5000万円以下の場合は、借金の10分の1を払う事になります。1500万円以上3000万円以下であれば300万円、500万円以上1500万円以下の場合は借金の5分の1、100万円以上500万円以下は100万円のみを支払う仕組みです。個人再生では100万円以上の借金のみを整理出来るので、100万円以下の借金の場合は、他の債務整理を検討する必要があります。個人再生を行う為には、手続きなどにかかる費用を支払わなければいけません。個人で申し立てを行った場合は、約27万円程度の費用で済みます。ただし、自分で申し立てを行うのは法律の知識も必要なので、多くの方は司法書士や弁護士に依頼するのが一般的です。司法書士に依頼した場合の平均費用は約37万円から47万円、弁護士の場合は約47万円から67万円程度の費用がかかります。