過払い金請求のやりかた講座|手順などを紹介

訴訟になったら

レディ

円満に和解交渉ができればそれに越したことはないのですが、金融業者としても、大きな額は返したくありませんし、昔のことだからと返還を先延ばしにしようとしたりするケースもあります。また、「返還させようと思ったら面倒くさい」というイメージを作るために、裁判所に話を持ち込もうとする場合もあるようです。そういった状況になったら、あまり喜ばしいことではありませんが、訴訟を行って、裁判所にも仲介してもらうことになります。この際にはなおさら、弁護士の力を借りたほうがいいでしょう。弁護士の協力を仰ぐことをおすすめする理由の一つには、こういったことに展開するケースが少なくないからです。こうなると、提訴から1カ月後に口頭弁論が行なわれます。そこで主張や反論を行います。裁判所はある程度の判断と、和解勧告を行います。和解が成立するまで、口頭弁論は1カ月に1回程度開かれることになります。どちらかが和解案を作成し、それによって結論を出せるかどうかの交渉を行います。もし交渉がまとまらなかった場合は、裁判所が判決を下すことになります。和解にしろ、判決にしろ、過払い金の請求が行なわれない、ということはありません。もし支払われなかった場合は、強制執行によって要求されます。