過払い金請求のやりかた講座|手順などを紹介

税金申告にあたって

天秤を持つ女性の石像

税金の専門家といえば税理士か公認会計士です。特に税理士は個人の確定申告から法人の税務まで幅広く業務を行っています。千葉県には多くの税理士がいますが、昔と違って競争が激しくいかに顧客獲得をするかが大きな課題になっています。千葉県をはじめとする大都市には社会保険労務士や弁護士等と提携をし、ワンストップサービスを提供する大型の事務所が増えており、いかに付加価値を提供できるかが今後の課題となっています。税理士は法人であれば20社〜30社程度を顧問先として持ちます。顧問税理士としては、法人の帳簿管理を行い、期の途中であれば試算表、期が終われば決算書の作成に携わります。ここで税金申告を正しく行うとともに、法人がどのようにすれば会社として成長できるかを税務面からアドバイスを行います。内部留保を厚くし企業体力を上げる提案なども行います。その業務の一環として、近年生命保険の代理店業務を行う税理士が増えています。これは決算対策はもとより、法人の経営者に万が一の事があった場合の備え等も生命保険を扱っていれば出来る提案となり、付加価値の1つとなります。千葉県だけでなく、千葉県をはじめとする大都市圏ではこの生命保険を取扱う税理士が特に増えています。法人からすると単に帳簿管理だけでなく、いかに経営にメリットのあるアドバイスを行ってくれるか、また税理士業務以外でもワンストップサービスとして様々な士業のアドバイスをもらえるかを考えて税理士を選ぶ必要があります。